カードプリンタで経費削減~オフィスでも出来るコスト削減作戦~

女性

安い価格で購入できる

リサイクルトナーで企業イメージもアップ

トナー

複合機に用いられるトナーインクはリサイクル商品を選ぶ方が増えてきています。 リサイクルトナーの最大の魅力は純正品と比べての価格です。純正品と比べて安いものや特価品などでは50%以上安い価格で販売されている事もあります。複合機を利用するオフィスの場合、一日に何百から何千の枚数をするので、ランニングコストを抑えられる事でかなりの経費削減が計れます。また、インクジェットプリンターと比べて、写真を印刷しない分、画質の差が純正品と比べて出にくいというのも特徴です。 企業の社会的責任が取りざたされている昨今において、リサイクルトナーを使う事での環境配慮はとても有効な企業の取り組み姿勢と言えます。複合機を利用しているオフィスではリサイクルトナーは必須の検討課題と言えます。

トナーのリサイクルで無駄がゼロ!

トナーとは、コピー機の中にある黒い粉のことです。トナーはカートリッジの中に入っていますが、それが空になった場合、コピー機を売った企業が回収し、新たにそこに充填して販売します。リサイクルなので、製造するコストがかからず、格安になります。トナーリサイクルを推進すれば、コスト面でも、環境面でも大きなメリットがあります。 このトナーリサイクルのサービスを利用するには、まず、どこのメーカーのトナーを使っているのかを確認しましょう。他企業のトナーなら、品質面から回収してもらえないため、リサイクルできません。 メーカーを確認した上で、インターネットなどで、回収の際の注意点を注意しなければなりません。1本からでも回収可なのか、数本単位なのか?回収するときにはどのような梱包をするのかをチェックしてトナーリサイクルのサービスを受けましょう。